洗顔の仕方

スキンケアの基本は洗顔

スキンケアの基本は大きく分けて

 

1,洗顔

 

2,保湿

 

もうちょっと細かく分類すると、

  1. 洗顔
  2. 整肌(化粧水)
  3. 保湿(美容液)
  4. 保護(乳液orクリーム)

その中でもとても重要な洗顔のポイントを紹介します。

洗顔のポイント

泡立てと量

とにかく、『泡立て』と『量』が重要です!包み込むように洗うんです!

よく泡立った洗顔料の目安
  • ホイップクリームのようなキメの細かい泡
  • 泡はキメが細ければ、細かいほど毛穴の中の汚れまでしっかり取り除けます!

  • 洗顔中はずーーとつぶれない泡
  • 手のひらいっぱいの泡
細かい泡の粒子を肌表面を転がす感覚で!けっしてゴシゴシしない
ぬるま湯でよーく(30秒以上)
ぬるま湯(36℃〜37℃前後)で『よーーく(30秒位上)』洗い流す!
  • 冷たい水は毛穴が引き締まってしまいますし、熱いお湯は肌を乾燥させます。
  • 洗い流し不足は肌トラブルの原因です。
最後に冷水ですすぐ

最後に肌がヒンヤリするまで30秒くらい『冷水』ですすぐと、毛穴がキュッと引き締まります!

タオルを押し当てる

肌をこすらないように、肌にタオルを押し当てるように水気を拭き取る

 

この洗顔ではPOINT1の洗顔料の目安の条件を満たしているどろあわわがお勧めです!

 

※ヘアーバンドがあると洗顔しやすいです。100円ショップで売っているので十分です。