男の紫外線対策

男の紫外線対策

日焼けと言えば、紫外線によるものだということはよく知られています。しかし、男性のほとんどは、紫外線対策について「紫外線問題は女性のもの」とか「男は紫外線を浴びても大丈夫。
肌が強いからね。」考えている人が大勢でしょう。

紫外線対策は男女共通

ところが、最近の研究で紫外線の浴び過ぎが健康によくないことが判ってきました。
これは男女関係なく、男の体にも悪い影響を及します。オゾン層の破壊による紫外線の被害が深刻なオーストラリアなどでは、国をあげて真剣に紫外線対策に取り組んでいるほどです。

 

色素沈着

紫外線を大量に浴びると一部の色素細胞がメラニンを作り続けてしまいます。これが原因で色素がだんだん肌の基底部に沈着し、黒い部分ができます。これがいわゆるシミです。また、急激な日焼けを何年も繰り返していると、紫外線で傷ついた肌はみずみずしさと弾力がなくなり衰えてくる。その結果できるのがシワです。

肌老化の要因

この言葉からも分かるように、紫外線は肌の老化現象を引き起こす深刻な原因の一つだ。さらに覚えておいてもらいたいことは、この光老化は急激に進行するものではなく長時間かけて徐々に進んでいくものだ。普段からの対策が老化を防ぐ近道なのです。

 

紫外線対策

紫外線対策にはいくつかの方法論があります。
紫外線対策で一番手っ取り早いのは紫外線を遮るためのアイテムを活用することです。
男の場合はサングラスと帽子を活用するといいでしょう。
UVカットのサングラスもありますし、帽子のなかにはキャップと呼ばれる野球帽より、全方向につばのついた帽子のほうが紫外線防止効果は高い。

 

顔を紫外線から守る

そして、紫外線を考える上で一番敏感なのは、やはりむき出しの肌である顔。
そして、顔の肌を紫外線から守るには紫 外線防止効果のある化粧品をつけるのが一番効果的でしょう。
ひげを剃った後アフターシェイブローション、クリームを付けた後で付けるとなお効果的でしょう。
商品によってはUV効果のあるモイスチャーもあります。

 

これを習慣づけて毎朝行えば、男の紫外線対策としてはまず大丈夫でしょう。
しかし、時間とともに汗や皮脂でプロテクターが落ちるため、もっと完璧に紫外線を防ぐには午後にもう一度UVプロテクターを付け直すことが必要です。

 

紫外線対策クリームには必ずSPFやPAが表示してある。これは紫外線の種類によって防止効果を示す表示だが、紫外線A波(UVA)を防止するPAの場合はPA++ 以上を、紫外線B波(UVB)を防止するSPFの場合はSPF20以上のものを使用するといいでしょう。