男 エイジングケア アンチエイジング 年代別

男の年代別エイジングケア

男の30代からのエイジングケア

30代では、20代では何でもない事、つまり身体のの新陳代謝や身体の機能がカバーしてくれていた事でも、 30代半ばを過ぎると問題になる事が多くなるのです。またあごや頬に肉が付き、顔の重心が下に下がり張りがなくなりはじめます。張りのある皮膚は、真皮のコラーゲン繊維がきれいなネット構造をつくり、それが水分や弾力性を保持してるのですが、真皮の部分の弾力低下することによって、肌がたるんだり張りを失うようになります。
もし、毛穴が楕円形になっていたら毛穴専用化粧水やコスメで引き締めるケアや、張り対策用コスメを使ったマッサージが効果的でしょう。真皮組織に働きかけるケアが重要です。また、この頃から紫外線の対策をするといいでしょう。対策を立てて皮膚の働きを高めて、丈夫できめ細かな角質細胞をつくることで、紫外線の反射・散乱効果が高まります。UV対策をたてることで若々しい肌を維持することが出来ます。

 

男の40代からのエイジングケア

40代以降では「若く見られたい」という意識がうかがえます。またメタボリック症候群を気にされる方が多いのか「ボディケア」を気にします。この年代になると急に外見の老化を気にし出すようになります。その中の一つが「しわ」です。しわは保湿機能と、弾力の低下により肌にできる折り目になった状態のことを指します。ほうれい線もこの乾燥・たるみが原因になっています。
男性肌のしわの予防は、まず第一に乾燥しないように保湿を心がけることと、マッサージにより真皮を活性化させることでたるみとともに予防することができます。
ヒゲ剃り後の乾燥肌はしわにとって大敵です。基本的なケア方法は洗顔後、化粧水で水分を補給し乳液やローションで保湿するといいでしょう。

 

男の50代以降のアンチエイジング

50代〜60代では「アンチエイジングケア」を一番気にされる世代だと言われています。男性ホルモンの主力のテストステロンが、仕事のストレスにより、働き盛り世代の40〜50代の分泌量が減っており、若さを維持するにテストステロンの分泌を減らさない努力が必要になってきます。対策はストレス対策にリラックスタイムを設けたり適度なエクササイズや運動をすることでテストスレロンを分泌しやすくします。また、加齢により肌のターンオーバーがうまくいかなくなって、メラニン色素が肌表面に定着してしみをつくったりします。対策としては美白化粧品やメラニンの生成を抑制する働きをもつといわれるシステインを含む化粧品やサプリメントを使うやり方があります。

年代別エイジングケア関連ページ

男のエイジングケアとは
エイジングケアと言えば女性の物だと思われる男性は多いと思われます。 しかし、実際には肌の老化に性別は関係ありません。 むしろ、皮脂の分泌も多い上に、紫外線、寝不足、不摂生など、さらにはさまざまなストレスに晒されやすい男性の肌にこそ、本来エイジングケアが不可欠なのです。
体内からアンチエイジング
肌は排出器官だという考え方があります。 なぜなら肌から汗や皮脂とともに体から老廃物や毒物を排出しているからです。言い換えると、体の内部の状態が悪ければ、肌の状態は極めて悪くなります。